第二新卒看護師の需要はどのくらいあるの?

第二新卒看護師といって、まだ看護師の実務経験が3年未満の人で転職を希望する人も多いです。第二新卒の場合、普通ほかの職場では採用は厳しくなるといわれています。まだ仕事をするにあたって十分な専門的なスキルが身についていません。ならば、より若い新卒の人材を採用した方がいいと考える企業も多いです。

 

しかし看護師の世界に関しては、第二新卒看護師であっても需要は十分あります。というのも、看護師は女性中心の職場で結婚や出産をすると、現場を離れる人が多いです。しかも看護師の供給力は毎年一定の人数しかいないので、どうしても看護師不足の状況に陥ってしまうわけです。

 

そこで看護師が慢性的に不足している医療機関の中には、第二新卒看護師のような多少経験に乏しい看護師でも確保して、仕事が効率的に回るようにしたいと思う所も多いです。ですから第二新卒看護師で転職を検討しているのであれば、情報収集して就職できそうなところを探すべきです。